愛犬から病気を遠ざける方法を伝授|健康が一番

健康に気を付けてあげる

保険に加入する

ドッグ

犬が病気になると治療費は高額になります。
なぜなら犬の治療には国の医療負担がないため、全額自己負担になります。
手術をするとなると、とても高額な費用がかかってしまいます。
高額な費用がかからないようにきを付けることがあります。
それは常に犬の健康状態をチェックすることです。
食事や運動、予防接種やなりやすい病気への対策等少しでも気をつけてあげることによって、犬の病気へのかかりにくさを軽減することが出来ます。
しかし犬も高齢になると、どんなに気を付けてあげても病気にはなりやすくなってしまいます。
医療も高度化しているため費用がかかりますし、難しい病気も治せるようになってきました。
そのため治療回数はどうしても増えてしまいます。
高額な負担に備えて出来ることは、ペット保険に入ることです。
最近はペットを飼う人も多いですし、犬の寿命も延びています。
それを反映してか、ペットの保険を扱う会社が沢山出てきました。
内容としては、大体は人と同じ生命保険のような感じです。
毎月少額のお金を積み立てていけるので、いざというときには助かります。
ですのでもし犬に病気等で手術になった場合でも、慌てることなく費用を用意することが出来るでしょう。
犬は家族同然の人も多いでしょう。
その家族が病気やケガに見舞われた時に、費用が無いというだけで治療を断念することはできません。
その為にもきちんと考えてあげて、毎日健康状態に気を使い、そしてペット保険等に加入しもしもの時に対応出来るようにしておく必要があるでしょう。

日常生活上での予防法

ドッグ

熱中症は犬が罹る病気の1つで、短頭種や北方が原産の犬・子犬が罹りやすい傾向にあるのです。
症状として、呼吸が荒くなるのをはじめとして、食欲不振・大量のよだれなどが挙げれられます。
この病気は、閉め切った室内に置いておいたり、日中暑くなる時間帯に外に連れ出すことが原因とされるでしょう。
初期の症状の段階で処置を行うことが、重症化を防ぐだけでなく、犬の症状を改善させることにつながります。
室内で飼っている場合は、窓を開けたり、遮光カーテンを使用して日差しを避けるようにすると良いです。
エアコンや除湿機が設置されていれば、温度や湿度を下げるため利用したいものです。
室外で飼っていれば、暑くなる時間帯に涼しい室内に避難させるのも1つの方法です。
犬小屋を直射日光が当たらなく、小屋の下や周囲が土のみの所に置いておくようにすると良いでしょう。
小屋の側に冷たく新鮮な水を置いたり、冷感マットを敷いておくことも病気予防につながるのです。
散歩の際には、道路の照り返しが強い時間ではなく、夜や早朝に行うことが望ましいです。
現在は、熱中症対策の服が販売されているので、服を着せて散歩するのも予防効果が期待できるでしょう。
散歩中に水分補給を行えるよう、ペットボトルに入れた水を持参ことも忘れてはならないです。
また、成犬になっても、体内に抗体を作る目的で熱中症などの病気に罹らないよう、年に1回は予防接種を受けさせていく必要があります。

予防のポイントとは

動物

犬の病気予防には、いくつかのポイントがあります。
まず義務づけされているのが狂犬病の予防接種です。
狂犬病とは狂犬病ウイルスによって起こる病気で、犬だけでなく人やほかの哺乳類にもうつります。
致死率は百パーセント近くであり、非常に危険なので予防接種は毎年受ける事が大切です。
動物病院ではいつでも打つことができるので安心です。
予防接種には、ほかにも任意の混合ワクチンがあります。
混合ワクチンの種類は様々で、予防できる病気も多種多様です。
混合ワクチンは自費であり、さらに副作用の危険性もあるため、リスクと予防効果を総合的に勘案して受けるか考えましょう。
打つのならば午前中に打ってもらい、急性の副作用がないかを確かめるのがおすすめです。
予防接種以外にも飼い主ができる病気予防はあります。
去勢や避妊手術、肥満防止やストレスを与えないようにすること、ブラッシングや爪の手入れを適切に行うことなどです。
去勢や避妊手術は、子犬を増やす予定がなければ必ず行わねばなりません。
遺伝病の対策にも重要です。
ただ、発情ストレスがなくなると太りやすくなるので、肥満対策はさらに気をつける必要があるでしょう。
肥満はあらゆる病気の原因になります。
人間の食べ物を与えるのはしないようにし、適切な運動量と食事量を確保しましょう。
ブラッシングをきちんとしないと皮膚トラブルのもとになります。
運動量が適切であれば爪を切る必要はないですが、そうでない場合は爪が長くなりすぎないよう注意しましょう。

ペット葬儀なび

紹介実績が豊富なペット供養仲介業者を探していませんか。それなら、こちらに一度目を通してみてください。

ペットの病院

女性とドッグ

千葉ではペットを飼育している場合に動物病院を利用して、病気の治療や飼育方法の相談をする人が増えています。動物病院は高品質な餌やペット用品を販売しており、医師と相談して選ぶ事ができるため、ペットに適した餌やペット用品を揃えられます。

もっと読む

サービスも充実、安心

動物たち

海外旅行に行くためにペットを預ける場合、なるべくギリギリまで一緒にいたいということであれば、成田空港内にあるペットホテルがおすすめです。専用ドックランやトリミングなどサービスも充実しており、帰国後にすぐに迎えに行けるというメリットもあります。見送りに来た人のために、日帰りの預かりサービスもあります。

もっと読む

健康な小型犬を手に入れる

チワワ

チワワ等の小型犬は、その可愛らしさで人気が出ています。しかし、犬を飼うのに、可愛いだけでは飼うことはできません。適切な健康管理が必要になるからです。健康な子犬を手に入れて、生涯面倒を見るには、優良なブリーダーから手に入れることが大切です。良いブリーダーは、販売個体に対して、末永く助言をくれます。

もっと読む